家族葬エピソード31:『地域を愛し、地域の方々に愛された人生』

本日お見送りさせて頂いたのは70代の男性の方でした。

備庵牧をご利用頂きました。

故人様は、長らく闘病されていたそうで、息子様はいくつかの葬儀社に相談にいかれており、備庵にも事前相談にきて頂きました。
ご相談時には精進おとしを必ずしたいことや、ご近所の方にも参列してほしい等のご希望をお聞きし、お応えできるようお話させて頂きました。
数日後には弊社のこころの会にも、ご入会頂きました。

その三日後にお父様が亡くなったとの連絡を頂き、大変驚きましたが、相談時にお聞きしたご希望に添ってお打ち合わせをさせて頂きました。

通夜式には70名近くの方々がご弔問され、喪主をつとめられた奥様は悲しみにくれておられましたが、奥様に代わり、ご長女様が気丈にご対応されておられました。

お通夜のご挨拶では、ご長男様が、生前の活発な故人様のエピソードをお話され、
「父は本当に地域を愛し、地域の方々に愛された人生だったと思います」
と、涙を流されておりました。

翌日のご葬儀では50年来のご友人が、弔辞を読まれ、
「君に誘われ、祭りの青年団に入って、毎年お神輿をかついだね。
お互い歳をとったけど、祭りの時はいつも若返って楽しんだ。
祭りや地域のことは任せて、ゆっくり休んでください」
と、想い出を語られておりました。

お孫様からも、
「お酒が苦手だった僕は、じいちゃんの『ビールもう一杯飲んでいけ』との誘いをいつも断っていました。
一緒に飲んでもっと話をすれば良かったなと思っています」
と、お別れのことばを頂きました。

お別れの際には皆様涙を流され、お柩に花をいれながら、

「おつかれ!」
「また、会おう」
「いっぱい酒を飲んでな」

と、お声をかけておられました。

ご家族と、地域の方々と、お祭りを愛されていた故人様...

お柩を霊柩車にお乗せする際は
「わっしょい!わっしょい!」と、
ご友人の声を合図に皆様で声をあわせお乗せいたしました。

とても愛のあふれた暖かなお葬儀でございました。

家族葬エピソード30:『喪主様からのご挨拶』

本日お見送りさせて頂いたのは90代の女性の方でした。

2年近く前に息子様がご高齢のお母様をご心配されて備庵船小路にご来館頂いておりました。
その時にお聞きしたご希望に添って、備庵堀田でお通夜・ご葬儀をお手伝いさせて頂きました。

喪主をつとめられたご長男様と、奥様、喪主様の娘様お二人とお二人のご家族様だけでの少人数でのお見送りでございました。

お葬儀の際、喪主様から、お一人お一人にご挨拶がございました。

まず、看護師をされているご長女様へ向けて、
「ありがとう」
と感謝をお伝えになり、喪主様ご自身が入院されていたときに、看護師さんの対応で元気になられたことや手厚い看護に感激され、その仕事の大変さを痛感されたお話と共に、娘様にもそんな看護師になっていってほしいとのご希望や、
「亡くなった方や身体が弱っている方に対して心のこもった手当てをしてください」
と、伝えられておりました。

また、ご長女様のご主人様へ
「休みをとってくれてありがとう、会社の皆様にも感謝します」
と伝えられました。

二女様にも
「ありがとう」
とお伝えになり、嫁ぎ先のご両親や幼いお孫様の子守りをしているご主人への感謝の気持ちを伝えられました。

続いて、喪主様の奥様へも
「いつも大変なときに、そばでずっと支えてくれてありがとう」
と涙を流されながら、感謝の気持ちを伝えておられました。

最後に我々スタッフにも
「心のこもった家族葬とお聞きしていましたが、こんなに手厚く暖かなサポートと、
心づかいをして頂き、とても温もりのあるお葬儀にしてくれてありがとう。
間近で見ていて大変なお仕事だと思います。
どうぞお身体を大切にされてください」
とのお言葉を頂きました。

私たちのことまで気にかけて頂いた喪主様に、スタッフ一同、感謝と共にこの仕事にたずさわっていてよかったと感じさせて頂きました。

とてもお優しい喪主様による暖かな、心に残るご葬儀でございました。

家族葬エピソード29:『ひ孫様の明るいお声』

本日お見送りさせて頂いたのは90代の女性の方でした。

備庵牧をご利用頂きました。

故人様は生前二年近くも入院されていたそうで、その間4才になるひ孫のお嬢様がとても支えだったそうで、お見舞いにきてくれる時が一番嬉しかったそうです。
そのひ孫様がご遺族ご親族様たちに明るくお声をかけておられ、皆様の悲しみが癒されているようでした。

お葬儀の後喪主を勤められたご長男様が、

「妻にしか話していなかったが、何日か前に母が亡くなる夢を見た。
もしかして正夢になるかもと思っていたらそうなってしまった...
でも死ぬと言うより旅立ちの日だと思うようになり、そう考えると心が落ち着いた」

と、皆様へお話されておりました。

お別れの際には祭壇のお花でお柩を飾って頂きました。

故人様のご主人様が、奥さまのお顔を何度も触りながら、
「こんなに冷たくなってしまって...かわいそうやのう...」
と呟いておられ、そのお姿にとても寂しさを感じました。

たくさんのお花で埋めつくされた故人様...
寒さの厳しい日でしたが、優しいご家族様に見送られ、とても暖かなお見送りでございました。

家族葬エピソード28:「たくさん薬を飲んだけど、もう飲まなくていいから良かったね」

本日お見送りさせて頂いたのは80代の女性の方でした。

備庵堀田をご利用頂きました。

ご長男様が喪主を務められ、ご宗教的な儀礼はせずに、ご家族様だけでゆっくりお別れをされたいとのご希望でした。

火葬場へ向かう前に、ご家族様で最後のお別れを...
切り花をご準備して、お柩へいれて頂きました。

故人様は生前闘病生活が長かったそうで、

「たくさん薬を飲んだけど、もう飲まなくていいから良かったね」

とお声をかけておられました。

お別れの後皆様の手でお柩のふたをかけさせて頂いたのですが、いざ柩のふたを閉じた際に喪主様がお柩のそばで泣き崩れておられました。

「お顔を見てあげてください」
とお柩の窓を開け、ゆっくりお顔を見ながらお別れをして頂きました。

周りの皆様も

「よく頑張ったね」
「向こうでお父さんとケンカせんでよ」
「美空ひばりに会えるといいねえ」

と、次々にお声をかけておられました。

とても暖かなお見送りでございました。

家族葬エピソード27:『必ずここでしてほしい』

本日お見送りさせて頂いたのは50代の男性の方でした。

備庵山津をご利用頂きました。

故人様は長らく闘病されており、生前余命を宣告をされてから、奥様と一緒に弊社に事前相談へお越しいただいておりました。

実際に備庵山津をご覧いただき、

「必ずここでしてほしい、使用中は長くても待つので山津を利用したい」

と強くおっしゃっておられました。

実際にお話をさせて頂いていたので
「自宅で最後を迎えました」
と、お電話を頂いたときはとても驚きましたが、すぐにご自宅へお伺いし、皆様にお参りしていただけるようご準備させて頂きました。


お打ち合わせは、故人様が事前相談の際に

「子供がおらず妻が一人になるので、なるべくお金をかけず残してあげたい」

とおっしゃっておられましたので、そのご希望にそってお話をさせて頂きました。

奥様はとても悲しんでおられ、ご納棺の儀の後はお柩のすぐそばに寄り添っておいででした。

とても仲が良く愛し合っておられたご夫婦のようでした。

お通夜の際には故人様の勤務先の方々が大勢駆けつけてくださり、皆様故人様とのお別れをとても悲しんでおいででした。

翌日のお葬儀の際には喪主を勤められた奥様が皆様へご挨拶を...

涙をこらえながら、震えながら、絞り出すようなお声で

「こんなにたくさんの方に見送られ、主人もきっと喜んでいることでしょう、私はとうとう一人になりましたがこれからもよろしくお願いします」

とご挨拶され、ご親族様たちが大きくうなずいておいででした。

お別れの際にはお花をたくさんお柩のなかへ...

故人様の安らかなお顔をお花で囲んで頂きました。

故人様のご希望にそったお見送りができたのではないでしょうか。

家族葬エピソード26:『父の人生はとてもしあわせだったんじゃないかと思います』

本日お見送りさせて頂いたのは60代の男性の方でした。
判田台会館の中ホールをご利用頂きました。

ご家族様のご希望で亡くなった病院から、ご自宅へお連れしてご安置をさせて頂き、その夜はご自宅でゆっくりすごして頂きました。

翌日納棺師とご家族様でご納棺の儀をさせて頂き、判田台会館式場へご移動致しました。

故人様は若い頃からスポーツがとても好きだったそうで、定年後はバレーボールクラブの監督を勤められた方でした。

お通夜にはたくさんの教え子の方がお集まりになり、皆様涙を流しながら

「監督...ありがとうございました」

とお声をかけておられました。

故人様との集合写真や寄せ書きなどをご持参されていましたので、お柩の近くに飾らせて頂きました。

翌日のお葬儀にはご親族様15名の方がご参列をされ、読経が終わり、喪主を勤められた奥さまの代わりに二女様が皆様へご挨拶を...

「無口で、無愛想な父でしたが、こんなにもたくさんの方に愛されていたんだと思うと、父の人生はとてもしあわせだったんじゃないかと思います」

と、おっしゃいました。

お別れの際には祭壇のお花を皆様の手でいれていただき、お棺の中を綺麗に飾って頂きました。

故人様とのお早いお別れに皆様涙を流されながら、お声をかけたり、お顔に触れたりしておられました。

周りの方皆様に愛されていた故人様だったことが感じられるお見送りでございました。

家族葬エピソード25:『ばあちゃん恥ずかしいけん向こうで読んでね』

本日お見送りさせて頂いたのは90代の女性の方でした。

備庵堀田をご利用頂きました。

11名のご親族様がお集まりになり、皆様口を揃えて
「優しくてしっかり者のおばあちゃん」
と、おっしゃっておられました。

祭壇の前にはご家族やデイサービスの方々と一緒に、笑顔で写る故人様のお写真をたくさん飾られておりました。

故人様が、だいすきだったお菓子もお柩の近くにお供えさせて頂きました。

喪主を務められたご主人様が
「自分が先に逝くものだと思っていたから、おいていかれてとても寂しい」と...

お花いれの際にはお孫さま、ひ孫さまが故人様へ書かれたお手紙もお柩の中へ。

「ばあちゃん恥ずかしいけん向こうで読んでね」と...

故人様を愛する皆様でのゆっくりとした暖かなお見送りでございました。

家族葬エピソード24:『「さようなら」ではなく、「ありがとう」と、お見送り』

本日お見送りさせて頂いたのは80代の男性の方でした。

判田台会館のメモリアルホールをご利用頂きました。
黄色い薔薇の花をたくさん使った祭壇をご用意させて頂きました。

17名様のご親族様が参列され、みなさまお花をいれながら

「ありがとう」

「いろいろ心配かけてごめんね」

と、お声をかけておられました。

「大好きな帽子をいれるね おしゃれだったからね」

と、たくさんの帽子もお柩へ...

とてもおしゃれな故人様だったことがスタッフにも伝わってきました。

集まられた皆様が「さようなら」ではなく、「ありがとう」と、お見送りをされており、とても家族想いな故人様だったことが伝わってくる素敵なお見送りでございました。

家族葬エピソード23:『お花でいっぱいにしてあげようね』

本日お見送りさせて頂いたのは90代の女性の方でした。

喪主様は故人様の妹様が努められましたが、遠方のため参列はできませんでした。

詳しいお打ち合わせは喪主様の娘様とお電話でさせて頂きました。
備庵船小路の式場をご利用頂き、お葬儀をさせて頂きました。

お葬儀には施設の方々と、故人様のご友人の方にご参列頂きました。

みなさま女性の方で、お柩にお花をいれられる際に、

「お花でいっぱいにしてあげようね」

「お花がよく似合うからね」

と、女性らしい優しいお言葉をかけながら、とてもきれいに飾られておりました。

折り鶴をご用意させて頂き、皆様にひとつずつお声をかけながらお入れして頂きました。

女性の方々による暖かなお見送りでございました。