家族葬エピソード5:「思い出あふれるお葬式」

今日お見送りさせて頂いたのは80代の女性でした。

喪主様は県外からお戻りのご長男様。
お打ち合わせは喪主様御夫妻と妹様を中心にさせて頂きました。

備庵別府船小路の式場にはいくつかプランがございますが、一番安価なプランにも、
生花祭壇や、布張りのお棺、司会進行、骨壺等必要なものはすべてプランに入っております。
ですので、さらに何かしてあげたいと、火葬場へのお車をグレードアップされたり、生花スタンドを選ばれたりされてました。

御納棺のさいには妹様を中心に、お母様にお化粧されたり、ゆっくりとお過ごし頂けました。
ひ孫様が歩き出したばかりで、式場やロビーを歩きまわっていてとても可愛かったです。
お別れのときに何かお入れしたいもののご準備をお願いしていたのですが、
お母様のお好きだったようかん、おまんじゅう、ヨーグルト、ヤクルト、手作りのお弁当など
たくさんご用意されていましたので、お棺のそばへお供えさせて頂きました。
お別れの際にはすべてお棺のなかへ。

祭壇のお花もたくさん飾って頂きました。
喪主様が、お母様を側で看病されていた妹様と妹様の旦那様へ
とても感謝をされていたのが、印象的でした。
お棺の中にはひ孫様とお母様とのお写真や、皆様とお母様とのお写真をいれたり、
みなさまでお写真を撮ったり、ゆっくりお別れをして頂きました。

常にお互いを気遣い、譲りあわれる素敵なご家族さま。
お葬儀を始める前にお寺様が故人様のお人柄や、
若くしてご主人を亡くされ御苦労されたお話や、
御詠歌がお好きだったお話をしてくださいました。

お寺様とのお付き合いは100年になるそうで強い結び付きを感じました。
ご家族皆様が最後までありがとうとお言葉をかけておられ、
とても素敵なお母様だったんだなぁと感じられた、素敵なお葬儀でした。