家族葬エピソード4:「くれぐれもよろしくお願いします」

今日お見送りさせて頂いたのは70代の女性でした。

喪主様は旦那様。
お子さんは県外からお戻りでしたので、お孫様を中心にお打ち合わせをさせて頂きました。

ご家族とお友達でお見送りをとのご希望。
お通夜お葬儀ともにたくさんのお友達が集まってくださいました。

喪主様の代わりにお孫様が、参列された皆様へご挨拶をされたのですが、
おじいさま(喪主様)のことを、くれぐれもよろしくお願い致しますとおっしゃっていたのが、とても印象的でした。

お別れの時にはたくさんのお花をお棺へ。
胡蝶蘭でお顔のまわりを飾りました。

雪のふる寒い日でしたが、とても暖かなお見送りでございました。
ご出棺の時にもお孫様が、皆様におじいさま(喪主様)をお願いしますと、おっしゃっていました。

お支払いに喪主様がいらしたときに、そのことをお伝えさせて頂きました。
とても喜んでおられました。
毎日奥さまのお見舞いに病院へ通われていたそうで、これから寂しくなるなぁとおっしゃっていました。

奥さまが亡くなられたときに、喪主様がかけられてる互助会があり、そこへ頼むつもりだったそうですが、
お孫様の薦めで備庵を選ばれたそうで、迷ったけど、周りからいいお葬儀だったと言われたそうで、備庵にして良かったと、とてもありがたいお言葉を頂けました。

これからもお褒めのお言葉がいただけるように頑張っていきたいです。