エピソード2:御葬儀が終わると

「御葬儀が終わると」

大切な方を亡くされるとその日の夜か、
次の日の夜には、お通夜をし、
翌日御葬儀と慌ただしく、2.3日が過ぎます。

11140116_891530247588112_8516273876590952756_n.jpg

その後、役所関係の手続きから、七日ごとのお逮夜、
四十九日の法要、初盆、一周忌、三回忌、七回忌、、、
とご法要は続きます。

特に四十九日の法要は、忌明けということで故人様をご供養するに
あたってひとつの節目となります。
ご親族様も参列され、お寺さまの読経のあと、
会食を行うのが一般的です。
この日に納骨をされる方も多いです。

お通夜や御葬儀の時にお香典やお供え物を頂いた方に、
返礼をされるのも四十九日・忌明けのころが一般的です。
ファインではこのギフトや会食用のお料理のお手伝いも
させて頂いております。

この間、お父様とおふたりでお母様のご法要のことで
ご相談にいらした男性は
「今まで母がすべてしてきたので何もわからなくて・・・」
とおっしゃっていました。

お二人と当日のお食事、引き出物、茶の子、フルーツは
どうするかや発送する返礼品、返礼品に添える礼状、
ひとつひとつご説明させて頂きお決めいただきました。

中でもギフトはたくさんの商品をご用意させて頂いていますので、
喜んでいただけるひとつを選ぶのはなかなか難しいご様子でした。
お料理も、会席膳とお弁当形式、金額もさまざまですので、
悩まれていましたが、女性の手がないのであれば、
「お弁当形式が準備も片づけも早いです」とご提案させていただきました。

ファインではさまざま御法要についてもご相談頂けます。
故人様の冥福を祈り、供養をするためのご法要・・
丁寧なご説明を心がけてお手伝いさせて頂ければ・・
と思いながらご対応させていただいております。