家族葬エピソード28:「たくさん薬を飲んだけど、もう飲まなくていいから良かったね」

本日お見送りさせて頂いたのは80代の女性の方でした。

備庵堀田をご利用頂きました。

ご長男様が喪主を務められ、ご宗教的な儀礼はせずに、ご家族様だけでゆっくりお別れをされたいとのご希望でした。

火葬場へ向かう前に、ご家族様で最後のお別れを...
切り花をご準備して、お柩へいれて頂きました。

故人様は生前闘病生活が長かったそうで、

「たくさん薬を飲んだけど、もう飲まなくていいから良かったね」

とお声をかけておられました。

お別れの後皆様の手でお柩のふたをかけさせて頂いたのですが、いざ柩のふたを閉じた際に喪主様がお柩のそばで泣き崩れておられました。

「お顔を見てあげてください」
とお柩の窓を開け、ゆっくりお顔を見ながらお別れをして頂きました。

周りの皆様も

「よく頑張ったね」
「向こうでお父さんとケンカせんでよ」
「美空ひばりに会えるといいねえ」

と、次々にお声をかけておられました。

とても暖かなお見送りでございました。