家族葬エピソード27:『必ずここでしてほしい』

本日お見送りさせて頂いたのは50代の男性の方でした。

備庵山津をご利用頂きました。

故人様は長らく闘病されており、生前余命を宣告をされてから、奥様と一緒に弊社に事前相談へお越しいただいておりました。

実際に備庵山津をご覧いただき、

「必ずここでしてほしい、使用中は長くても待つので山津を利用したい」

と強くおっしゃっておられました。

実際にお話をさせて頂いていたので
「自宅で最後を迎えました」
と、お電話を頂いたときはとても驚きましたが、すぐにご自宅へお伺いし、皆様にお参りしていただけるようご準備させて頂きました。


お打ち合わせは、故人様が事前相談の際に

「子供がおらず妻が一人になるので、なるべくお金をかけず残してあげたい」

とおっしゃっておられましたので、そのご希望にそってお話をさせて頂きました。

奥様はとても悲しんでおられ、ご納棺の儀の後はお柩のすぐそばに寄り添っておいででした。

とても仲が良く愛し合っておられたご夫婦のようでした。

お通夜の際には故人様の勤務先の方々が大勢駆けつけてくださり、皆様故人様とのお別れをとても悲しんでおいででした。

翌日のお葬儀の際には喪主を勤められた奥様が皆様へご挨拶を...

涙をこらえながら、震えながら、絞り出すようなお声で

「こんなにたくさんの方に見送られ、主人もきっと喜んでいることでしょう、私はとうとう一人になりましたがこれからもよろしくお願いします」

とご挨拶され、ご親族様たちが大きくうなずいておいででした。

お別れの際にはお花をたくさんお柩のなかへ...

故人様の安らかなお顔をお花で囲んで頂きました。

故人様のご希望にそったお見送りができたのではないでしょうか。